iPad Proバッテリー交換のその後・・・がっかり・・・

今年の4月末、iPad Proのバッテリーが劣化して修理に出しました。→iPadバッテリー交換ってどうなの?
アップル正規店でのバッテリー交換は本体ごと取り換えなんですってね。

で、わたしのも本体ごと交換されて、手元にやってきました。(戻ってきたとは言えない。)

受け取り時、ピッカピカだったので、(やったー!1万円ちょっとで、新しいのがもらえた~~~~!!!)
・・・なんて、顔には出さずに内心、ニッコニコ(^^♪・・・してました。

ところが、10月に入って突然、ネットにつながらなくなったんです。
いろいろ対策しましたが、最終的に、WiFi受信部品の故障でした。

バッテリー交換後の保証は90日間。この間終わってるやん!

しょうがないので写真を撮る時にだけ使っていたのですが、この頃は、バッテリーの減りも速くなってきました。
劣化、早すぎる。

調べると、モデル番号がMから始まっていれば、完全に新しい本体だけど、Nから始まるのは初期不良の整備品なんですってね。
よくよく見ると、私の手元にやってきたのはNから始まる整備品。

・・・な~んだ、そういうことか。

結局、1万円、損したやん!

・・・って、気分です。。。(;_:)

新品に見えても初期不良の整備品が交換で渡されるということは、こういうことなんですね。

バッテリーの交換だけなら、正規修理の場所に頼まなくてもいいと思いました。

※ レベルを落として普通のiPadを買いました。Proの4スピーカーが懐かしい。。。無念。

ipad pro 9.7

愛用していたのと同じ、iPad Pro9.7。大きさがちょうどよく、持ちやすかった。